本文までスキップする

街の畑「KITANO FARM」のおかげで

三宮にて兄弟で野菜料理専門の居酒屋をしてます。
「野菜居酒屋 いたぎ家」と申します。
僕は料理担当の弟です。

いたぎ家のメイン食材となる野菜は、和歌山県の龍神村というところで家族全員で作っています。もちろん、僕達も休みの日に龍神村に行って畑仕事をしています。
そしてもう一つ畑があります。それが北野にある「KITANO FARM」です。
お世辞にも広いとは言えないですが、僕達の貴重な畑です。
夏だと、ナスやトマト、ズッキーニなど。冬は、チコリやレタスなどの葉野菜。ローズマリーやタイムなどのハーブもあります。

それぞれの店に料理のこだわりやルールがあると思いますが、いたぎ家にもたくさんのこだわりやルールがあります。
その一つが、
「複合的な料理をしない」。
文字にするとわかりにくいですが、「1種類か2種類くらいで料理をする」ということです。「20品目のサラダ」とかも素晴らしいと思いますし、僕もプライベートでは食べます(笑)。
食べてるけど、味や香りをしらないという野菜って意外と多いものです。

和食で「さつまいもの甘煮」という料理があります。さつまいもをシンプルに甘く炊く料理です。
これを「いたぎ家」では、「さつまいものローズマリー煮」というメニューにしています。
作り方は簡単で、「さつまいもの甘煮」を作って、最後に火を消してからローズマリーを入れるだけ(笑)。
爽やかに香るローズマリーの香りがお酒との相性抜群です。

ここで重要なのは、ハーブ(ローズマリー)は鮮度が大事なので採ってすぐ使うことです。これは、「KITANO FARM」があるからこそできるメニューでしょうね。

農業といえば、田舎の広い畑のイメージを持たれていると思いますが、「KITANO FARM」みたいな街中の小さな畑も素晴らしい農業です。
みなさんも自宅の屋上やベランダでプランターでも良いので、小さな畑やってみませんか?? わからないことがあれば教えますよ!!
うちの兄貴が、、、笑。