本文までスキップする

都市における土づくりの試み

野菜を栽培するための母体ともいえる「土」。「土づくりから食べるまで」の循環を都市の中で実践するために、その試みの第1弾として、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の中庭を活用し、レンガ積みのコンポストをつくるというセルフビルド・ワークショップを開催しました。

暮らしの中で出る野菜くずや生ゴミをゴミ箱に捨てるのではなく、もう一度土に還すことで自分たちが食べるモノについて考えるきっかけになればと思います。

もう一つ、今回はキノコの栽培にもチャレンジ。山から原木を伐採し、そこに菌を打ち込みます。竹を組んだ棚に原木を立て掛けて並べると、どこか懐かしい風景が中庭に現れました。

 

KIITO de Cultivation

「中庭を活用した土づくりと都市型農園の新しいかたち」

実施日時/2021年1月16日、24日
会場/デザイン・クリエイティブセンター神戸

髙橋 渓
COL.arhitects代表