本文までスキップする

南京町の屋上でどう育てるか!?

昨年2月から始めた南京町の屋上での野菜栽培も2年目に突入しました。
1年目は北区淡河町で農家を営む友人にお願いして、庭の土を掘り起こし、その土を袋に詰めてせっせと南京町の屋上に運ぶことからスタートしました。その土に種を蒔くと、すくすくとたくさんの野菜が育ち、それを家に持ち帰って家族と食べることが楽しみのひとつになっていました。
今年はもう一歩先のチャレンジとして、昨年育った夏野菜の枝木や枯葉を捨てずにそのままプランターで枯らし、長い月日をかけて土に還してみました。また土づくりの肥料には子供たちと一緒に有機栽培で育てたお米の糠を使用し、自分たちの暮らし中から出る資源の活用に取り組んでいます。いよいよ始まる2年目は何を屋上で育てるかではなく、屋上でどのように育てるかを楽しみたいと思います!